柔道の花形投げ技の種類

柔道の花形投げ技の種類

柔道の花形投げ技の種類 柔道の投げ技には様々な形があり、立ったままの姿勢から投げる立ち技は、手や腰、足で細かく分かれ、ともえ投げのように自分の体を捨てながら投げる、捨て身技もあります。ひざ車は立ち技の中の足技になります。足技は相手の動きを瞬時に読み取ってスキを逃さずに足をかける柔道の醍醐味の一つで、ひざ車や出足払い、送り足払い、大内刈り、小内刈りなどがあります。ひざ車は相手の膝につっかえ棒を置く技のことで、相手の膝を伸ばすことによって相手のバランスを崩して投げます。

出足払いは、相手を押し込んでその反発で前に出るために踏み出してきた足をその方向にさらに払い、相手の力を利用して投げる技で、タイミングが上手く合えばそれほど力を入れなくても相手が跳ね上がります。また、この技で相手を崩し腰技や手技に移ることもできます。右組の人と左組みの人が組むことをケンカ四つと言い、ケンカ四つの場合は、互いにつり手が持てずに半身になってしまうことが多く、そうすると出足払いをかけてもすかされることが多くなり、なかなか有効な技を出せなくなります。出足払いは技をかける瞬間は半身になるのでケンカ四つで、技が出せなくなった時には相手の体勢を崩すという意味で有効です。